乾燥肌を作る原因

女性の中でも悩んでいる方が多いのが乾燥肌です。肌の水分が不足しがちになる肌ですが、体質的なものだと思っていても、意外な事が原因となっていてそれが改善される事で乾燥肌もなくなるという事もあります。乾燥肌はシミができやすいのでしっかりとケアしなくてはなりません。

乾燥肌の原因となる事を把握しておく事によって自分が当てはまっていないかを確認する事ができるので、チェックしておきましょう。気が付くと行ってしまっているという事も比較的あるので、日ごろから気を付けていきましょう。

まず一つ目は気温が下がっているという事です。冬は乾燥肌になる方も多いですが、これは基本が低下している事が理由です。気温が下がると体の機能も活発でなくなるため、新陳代謝も低下します。

そうすると体内の老廃物なども排出されにくくなり、水分も上手く保たれなくなってしまいます。こうした事が乾燥肌に繋がっていきます。なるべくエアコンなどを上手く使い、部屋の温度を快適に保ちましょう。使い過ぎは良くありませんが、上手く使うのは大切です。

次に保湿成分を補給していないという事です。肌は毎日の生活の中で外気に触れる事も多くあります。肌には保湿成分という肌の水分を保っておく成分がありますが、この成分が失われてしまうと肌の水分も失われやすくなります。

体質的に保湿成分が少ないという方もいますが、生活の中で洗い過ぎている、乳液などでの保湿を行っていない事で乾燥に繋がっている事もあります。そのため、保湿ケアを見直すのもお勧めです。

最後に紫外線です。紫外線は肌に大きくダメージを与えますが、肌を作っている細胞にもダメージを与えます。肌は表層でネットのような組織を作っていますが、紫外線を浴びる事でこのネット状の細胞がダメージを受けます。

中に閉じ込められていた水分も蒸発しやすくなり、乾燥肌に繋がってしまうのです。そのため日ごろから外回りなど、紫外線を浴びる機会が多い方は一度見直してみましょう。日傘を使う、屋根のある所を歩くなどの工夫をすると良いでしょう。

このページの先頭へ