シミの一種~脂漏性角化症~

シミにもいくつか種類があるのをご存知ですか?今回はその中のひとつ、脂漏性角化症のお話をしていきたいと思います。脂漏性角化症とは、肌の老化現象です。よって、誰にでも発症する場合があります。

最初は薄い茶色のシミのような、ほとんど目立たない状態ですが放置しておくと、黒ずみが出来て、その部分がイボのような形状へと変化していきます。その大きさは人それぞれ違いがあります。

また、脂漏性角化症は、肌の老化以外にも、紫外線が原因となるケースもあります。若い頃から、紫外線を受ける機会が多かったと言う人ほど、肌の老化現象が加速していきます。ですので、日頃からの紫外線対策を怠らないようにしましょう。

脂漏性角化症が出来やすい部位は、日光の当たる顔が最も多いのですが顔だけにとどまらず、足の裏など、意外とどこにでも出来る場合もあるのです。

老人性色素斑を放置すると、脂漏性角化症になるといった事例もありますので脂漏性角化症が出来た部分の周辺には、老人性色素斑であるシミもたくさん出来ている状態がよくあるようです。

脂漏性角化症を改善する方法としては、シミが進行した症状ですので、美白化粧品を使っても、あまり効果は期待出来ません。よって、レーザー治療がメインになります。脂漏性角化症は、ただのシミではなく、腫瘍のひとつですので悪性の腫瘍かどうか、万が一の事を考えて、組織の採取をし、医療機関等で検査をする必要があります。

あまり大きいサイズでないものは、レーザーや凍結療法の施術を受けて改善する事が可能です。ただ、放置して大きくなってくると、手術をする必要性も出てくるので出来るだけ早めの診察をおススメします。

そして、予防法ですが、肌の老化現象は加齢に伴いあらわれてくるので、完全に防ぎきる事は難しいところもありますが紫外線をたくさん受けた人の方が、その分老化も進行していきますので日頃からのケアはもちろんの事、若い年代からの紫外線対策が重要になってきます。

また角質ケアも大切で、正常なターンオーバーがちゃんと行われているのかどうかにもよります。ですから、不要な角質を除去する、フルーツ酸などをスキンケアに取り入れてみるのも効果的です。そういったケアと同時に、美白化粧品を日頃から使用すると良いでしょう。

このページの先頭へ